このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

水道管の凍結にご注意ください!!

更新日:2018年2月1日

気温が下がると、水道管が凍結し破裂することがあります。こうした凍結を防止するため、厚手の布や市販の防寒材を水道管に巻き付けるなど、水道管が直接冷気に触れないようにしてください。

■水道管が凍ってしまったら

・自然にとけるの待つ。
・凍った部分にタオルをかぶせ、ゆっくりとぬるま湯をかけて解かす。
 注意:急に熱いお湯をかけると、管の破裂や給水器具をいためることがありますので、注意してください。

■凍結で水道管が破裂してしまったら

・応急措置として、水道メーターのそばにある元栓(止水栓)を閉め、水を止めてください。
・久喜市水道指定給水装置工事事業者へ修理をお申し込みください。破裂箇所が水道メーターより宅地側の場合には、修理費用はお客さまのご負担です。

■どんなところが凍結するのか?

・屋外にある蛇口や露出した水道管、住宅の北側にある給湯器付近のむき出しになっている管などが凍結することがあります。

■どうすれば凍結を防止できるのか?

・露出している水道管や蛇口に、防寒材や布などを巻き、その外側をゴミ袋や気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)など水を通しにくい製品で覆います。その上から、ビニールテープやガムテープを巻きつけて固定し、防寒します。

■長期間留守にする場合は?

・旅行等で留守にする場合は、万一の凍結に備えて水道の元栓を閉めておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

上下水道部 水道業務課
〒340-0295 久喜市鷲宮6丁目1番1号
電話:0480-58-1111 Eメール:suido-gyomu@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始