このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症にご注意ください

更新日:2017年7月11日

熱中症は体が暑さに慣れていない季節にも発生することがあり、重症化すると、命に関わる危険性もあります。
本格的に暑くなる前に、ウォーキングなどで汗をかく機会を増やしていくことで、暑さに負けない体を準備することができます。
以下の5つのポイントを参考に、熱中症の予防に心がけましょう。

熱中症予防5つのポイント

高齢者は上手にエアコンを

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。節電中でも上手にエアコンを使っていきましょう。
周りの方も、高齢者のいる部屋の温度に気をつけてください。

暑くなる日は要注意

熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。
特に、梅雨明けで急に暑くなる日は、体が暑さになれていないため要注意です。また、夏の猛暑日も注意が必要です。湿度が高いと、体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなってしまいます。猛暑の時は、エアコンの効いた室内など、早めに涼しいところに避難しましょう。

水分をこまめに補給

のどが渇く前に水分を補給しましょう。汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに、塩分もとりましょう。ビールなどアルコールを含む飲料は、かえって体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。
また、高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分を補給しましょう。寝る前も忘れずに!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本高血圧学会減塩委員会(外部サイト)から以下の提言がされています。

  • 水分は夏には多く摂ることが望まれます。
  • 塩分は高血圧の人は夏でも制限することが望まれます。
  • 発汗が多い場合には、水分とともに少量の塩分とミネラルを補給することが望まれます。

「おかしい!?」 と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

周りの人にも気配りを

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。
スポーツ等行事を実施するときは、気温や参加者の体調を考慮して熱中症を防ぎましょう。

※この「熱中症予防5つのポイント」は、埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター、さいたま市立病院救急科の協力を得て、埼玉県が作成したものです。

「まちのクールオアシス」を実施しています

久喜市中央保健センターでは、埼玉県の実施する熱中症対策事業の「まちのクールオアシス」に参加しています。
詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症予防のための「まちのクールオアシス」(埼玉県)(外部サイト)をご覧ください。

熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています

環境省が実施する熱中症予防声かけプロジェクトに賛同し、共通のロゴを使ったポスターを掲示するなど、声かけの輪を広げています。
詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症予防声かけプロジェクト(環境省)(外部サイト)をご覧ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康増進部 中央保健センター
〒346-0005 久喜市本町5丁目10番47号
電話:0480-21-5354 Eメール:chuo-hokencenter@city.kuki.lg.jp
メール送信フォームを利用する

本文ここまで


以下フッターです。
〒346-8501 埼玉県久喜市下早見85番地の3
電話:0480-22-1111(代表)
ファックス:0480-22-3319
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始